アコギを始めるために必要なもの一覧 |やさしく解説

アコギに必要な初心者セットアコギ・エレアコ

アコギの練習に必要なものについて、初心者の方にもイメージしやすいようにまとめました。

このサイトでは一部広告を含んだリンクを表示しています。詳細はこちら

1.アコギに必要なもの一覧

まずはアコギ練習の基本道具、ほとんどの人に必要になるものとその使い方をみてみましょう。

チューナー

クリップチューナー

ギターの音を正しく合わせる「チューニング(調律)」に使う道具。
ギターの音は意外とすぐにズレてしまうので、何か1つは音合わせの手段が必要です。

アコギの場合は写真のようにヘッドに挟んで使う「クリップチューナー」がよく使われていて、値段は安いもので800円くらい。
クリップタイプの多くはギターの振動から音を拾うので、少しくらいうるさい場所でもチューニングができます。

チューナーは初心者の方にはもちろん、長い目でみてもシンプルなタイプが使いやすいもの。

迷ってしまう時には、筆者からはKORGのPitch Clipシリーズをおすすめします。

→クリップチューナー |Amazon
→クリップチューナー |サウンドハウス

また、家など静かな場所でしかギターを弾かない方は、スマホで無料のチューナーアプリをインストールしてみてもいいかもしれません。
筆者も以前試してみたのですが、音自体はちゃんと正確でした。

→AppStore
→GooglePlay

ピック

色々な種類のピック

アコギを弾くときに使う小さく薄い三角形の道具。
弾き語りやJ-POPの伴奏などでジャカジャカと小気味よく演奏されているアコギにはほとんどの場合使われています。

トライアングル型とティアドロップ型のピック

ピックには本当にたくさんの種類があるのですが、アコギで基本的になるのは「トライアングル(おにぎりとも呼ばれる)」と「ティアドロップ」の2タイプ。

トライアングルピックは大きくて安定しているので初心者のころや弾き語りのときには扱いやすく、ティアドロップピックは小さくて小回りが効くので単音や少し技巧的な演奏にも向いています。

他にも、ティアドロップより一回り小さなジャズピック(主にエレキの方向け)や、クルンと丸まったような形のサムピック(指弾きで多用される)などが有名です。

1つ100円くらいのものなので、デザインや持ちやすさで気軽に数枚選んでみましょう。

※初めはクセの少ない「プラスチック」「セルロイド」「ウルテム」の素材で、厚さ0.7〜0.9mmくらい(もしくはmiddle)のピックから選ぶのがおすすめです。

→ピック |Amazon
→ピック(1枚〜) |サウンドハウス

カポタスト

カポタスト

フレットを1列押さえておいてくれる道具。
普段は単に「カポ」と呼ばれます。

カポは難しいコードの曲を簡単な押さえ方で演奏するために使われることが多く、弾き語りやソロギターの楽譜集には本当によく登場します。

※例えば楽譜の初めに「Capo3」と書いてある曲は、「カポを3フレットにつけて演奏してね」という意味。

「上手な人はカポを使わない」なんて噂を聞くこともありますが、どれだけ上手になっても「カポでしか演奏できないフレーズやニュアンス」はなくなりません。

値段の幅が広いですが、1000円くらいのものでも大丈夫なので1つ持っておきましょう。

→カポ |Amazon
→カポ |サウンドハウス

ギタークロス

ギタークロス

ギターの拭き掃除やメンテナンスに使う道具。
ホコリが出にくく、楽器の表面に優しい素材でできた布のことです。

「掃除なんて柔らかいタオルやティッシュでも良いでしょ」と言われると少し答えに困ってしまうのですが、1枚500円くらいで何年も使い込めるものなので、なるべく専用のものをおすすめします。

「ギターを毎日掃除する人はギターが上手くなる」なんていう都市伝説もあるので、気がついたときにはアコギを拭いてあげてください。

→クロス |Amazon
→クロス |サウンドハウス

ニッパー

ニッパーで弦を切る様子

弦交換のときに弦を切るための道具。
とくにギター専用ということはなく、家庭用工具や趣味などのために今持っているものがあればそれで十分です。

ギターを弾くことが増えてきたら、ニッパー(と替えの弦1セット)はなるべく常備しておきましょう。

→ニッパー |Amazon

※通販のニッパーは少ししっかりしたものが多いです。100均のものでも大丈夫です。

→アコギ弦(Martin) |Amazon
→アコギ弦(Martin) |サウンドハウス

弦は参考までに、アコギ用のオーソドックスなものを1つ選んで載せておきますね。

2.名前を覚えておきたい道具

ここからは演奏スタイルによっては必要になるものと、後々色々な場面で名前を耳にするようになるものをまとめています。

「持っていなくても困らないけど、知っているとアコギの話についていける」そんな道具を中心に選んでみました。

※全てを一度に揃えようとすると大変なので気になったものがあれば少しずつ集めましょう。

2-1 ギターの道具

ギターストラップ

ギターストラップの使用イメージ

ギターを立って弾くための肩紐。
決してギター関連のキーホルダーを指す言葉ではありません。

ストラップにはいくつかのタイプがあるのですが、シンプルでオーソドックスな布製のものは1000円くらいから。

バンドや弾き語りなど、立ってアコギを演奏してみたい方は1つ用意しておきましょう。

→ギターストラップ |Amazon
→ギターストラップ |サウンドハウス

ギタースタンド

壁掛け型のギタースタンド

ギターを立てかけておくためのスタンド。
練習の合間にギターが倒れないように置いておいたり、生活の中でギターを手軽に手に取れる状態で保管しておきたい時に使います。

初めはついついギターを壁に立てかけてしまうのですが、ギターのネックに少しずつ負担をかけてしまう上、思いがけないタイミングで倒れてしまうことも多いもの。

「必ず必要」とまでは言いませんが、なるべく早めにスタンドを用意しておくとギターの生活が豊かになります。

値段はオーソドックスな形のもので1000〜1500円くらい。

壁にかけるタイプは取り付け場所に穴を開ける必要があるので設置が難しく、賃貸の場合は別で柱を立てるなどのDIYが必要です。

→ギタースタンド |Amazon
→ギタースタンド |サウンドハウス

ギターケース

ギターのソフトケース

ギターを持ち運んだり、収納したりするためのケース。
楽器屋さんではアコギを購入したとき一緒にソフトケースをつけてくれるところも多いので、1つあれば無理に新しく買う必要はありません。

ただ、持ち運びたいのに1つもケースがない場合は安いもので構わないので1つ用意しましょう。

色々な種類のギターケース

ギターケースには大きく分けてソフトケース、ギグケース、セミハードケース、ハードケースという種類があり、順番に頑丈になっていきます。(値段もほぼ比例します。)

電車などで丁寧に持ち運ぶだけであればソフトケースでも十分ですが、車のトランクなどに荷物と一緒に詰め込む場合はセミハードケースくらいからが安心。ハードケースは重たくて持ち運びも大変なので、用途とじっくり相談しながら選びましょう。

→ギターケース |Amazon
→ギターケース |サウンドハウス

ギターオイル

ギターオイル

ギターの汚れを落とし、木材に油分を補充するためのオイル。
クロスと一緒に「当然必要なメンテナンス道具」として扱われることも多いですが、本来オイルは年1回使うか使わないかくらいで十分なものなので、慌てて用意する必要はありません。

クロスに少量の水を染み込ませれば大抵の汚れは落とせるので、オイルはあくまで「油分の補充用」という認識でOKです。

ギターオイルによる大掃除の例

筆者自身は季節の変わり目、乾燥する冬の前に一度弦を外してオイルで拭くようにしています。

それでもクロスにつけるのはたった数滴。
絶対に余るので間違っても大瓶やセット物など買わないようにしましょう。値段は小瓶で800〜1500円ほど。

→レモンオイル |Amazon
→レモンオイル |サウンドハウス

2-2 音楽に欠かせない道具

メトロノーム

メトロノーム

設定したテンポのリズムを刻んでくれるリズム練習用の道具。
音楽を長く続けるならいつか必ずお世話になるものです。

本格的に使うのはギターを始めて1年目か2年目くらいになる人が多いと思うので、今はよければ名前だけ覚えておいてください。

メトロノームには昔ながらの振り子式とデジタル式の2種類があります。

音量調整が出来てテンポも正確なので、筆者からはよほどのこだわりがない限りデジタルタイプをおすすめします。

今は無料で使いやすいアプリもたくさん出ているので、よければストアで検索してみてください。

→メトロノーム |Amazon
→メトロノーム |サウンドハウス

リンクは超がつく定番機のKORG MAシリーズ。使い勝手が良く色々なリズムパターンに対応出来るので、アプリでは物足りなくなった時にぜひどうぞ。

譜面台

譜面台の使用イメージ

演奏中に前を向いたまま楽譜やノートを確認できる譜面台。
小学校などで一度は使った、あの譜面台です。

ちょっとしたことですが、顔を下げなくても譜面が見られるのはやはり楽なもの。
とくに歌も歌う方にとっては姿勢も大切なので、強力なサポーターになってくれるでしょう。

筆者はあまり楽譜を見ませんが、主にスマホとメトロノーム、ピックなどの小物置き場として、とても重宝しています。

譜面台を折りたたむ様子

持ち運びも収納も、折りたためるタイプが便利です。値段は1500〜2000円ほど。

→譜面台 |Amazon
→譜面台 |サウンドハウス

3.少し専門的な道具

ここから先は、「指弾きがメインの方」と「エレアコでライブをしたい方」向けの少しだけ専門的なお話。

それぞれ別の記事で詳しく解説しているので、もしもご興味があればご覧ください。

指弾きの方向け(準備中)

指弾き、爪弾き、ソロギター、フィンガースタイルなどと呼ばれるジャンルの道具について。

海外ではこの記事の最初の方で紹介したようなピック(特殊なピックと分けるために「フラットピック」と呼ばれます)を使わない奏法はほとんどが「フィンガースタイル(Fingerstyle)」に分類されていて、その技法や奏法はとても幅が広く分かりにくいものです。

フィンガースタイルは筆者自身が一番長く練習しているジャンルでもあるので、また少し時間をかけて道具や入門編の解説記事を出す予定です。よければお楽しみに。

エレアコの方向け

「エレアコ」とはマイクなどを内蔵していて、アンプやスピーカーから音を出せるように作られたアコギのこと。

とくにバンドライブなどでは必須のエレアコですが、スピーカーから音を出すためには専用のケーブルや電池に加えて、場面に応じて少しだけ電気的な機材の知識が必要です。

詳しくは「エレアコの使い方と必要なもの一覧 |ライブ・スタジオ・路上別」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました