2017年1月11日

ギターが弾けない時にこそやって欲しい音を出さない基礎練習


「ああ、今この時間にギターを取り出して練習ができたらな…」

ギター弾きの皆さん、一度はこんなふうに思ったことは有りませんか?

バスの中、電車の中、深夜、そんなふとした「空き時間」があるとついついスマホに手が伸びてしまいますが、もしその時間にギターを練習できたら…。

田村も昔、練習に当てる時間がうまく確保できなくて、そんなことばかり考えながら日々電車に揺られていました。

でもある時気付いたんです。

「電車内やバスの中、移動中やお風呂場でだってギターの練習は出来るじゃないか」と。

そして色々と模索するうちに、むしろギターが弾けない時にこそやっておくべき音を出さない練習がいくつか出てきました。

今回はちょっとした空き時間に、ギターが無くても出来るおすすめの練習方法をご紹介します。


スポンサーリンク

1.音を出さない練習

ギターが弾けない時は意外とたくさんあります。

電車内やバスなどの移動中や深夜はもちろん、アコギの場合は音量が大きいので日中でも中々弾けませんよね。

しかし、逆に考えればこの時間は「ギターが無い方がやりやすい」ような練習には最適です。

例えば陸上選手も速く走るために、実際に走る練習だけではなく筋トレや基礎動作の練習もしていますよね。

もちろん、実際に走らないと速く走れるようにはなれません。

しかし、走っているだけでは鍛えにくい筋肉や身に付けにくい感覚というのは、確かに存在し、だからこそプロの陸上選手も様々なことをして体を鍛えていくわけです。

そう考えると、ギターにもギター無しの方が上達しやすい要素やトレーニングがあっても不思議じゃないと思いませんか?

2.左手運指の分離と脱力

今回ご紹介する音を出さない練習は、左手運指の分離と脱力が狙いです。

耳にタコの方も多いと思いますが、これらは演奏時非常に大切な技術なので、基本的な意味を確認しておきましょう。

2-1.左手の分離

初めて聞く方からすると「手の分離…?」となるかもしれませんが、これは左手の指を別々に動かせるようにするという意味です。

つまり、「他の指にくっついて、つられて動いてしまう指」を「ばらばらに離して分ける」ので「分離」と呼びます。
(なので正確には左手の指の分離でしょうか)

コードチェンジやフレーズ練習で指がもたついたり思うように動かないのは、この分離の不十分さが原因な場合が多く、基礎練習による分離が非常に大切になってきます。

2-2.左手の脱力

右手のピッキングに比べると脱力が言われにくい左手の運指ですが、これもギターを弾く上で大切な要素です。

おそらく、意識的に練習したことがなければほとんどの方が指先にかなり余分な力を込めてしまっているはず。

というのも、実は左手の指がある程度分離できていないと、運指の際にどこかの指を無理やり「支点」にして運指をしてしまうからです。

これは指のバタつきの原因になるとともに、早弾きやオシャレなコードの多用、スライドなど、様々な場面で必ずネックとなってくるので、少しずつ意識的に直していきましょう。

※例えば、ローコード(開放弦のついた、つまり普通のコード)でAmからCにコードチェンジする時、人差し指を「支点」としてフレットに残したままにしておくと、非常にスムーズなコードチェンジが可能です。
それ自体は大切な運指のテクニックなんですが、ここで問題なのは支点に力を入れなければコードチェンジがしづらい場合です。
この力み癖がついてしまっていると、AmからF、FからGなどの支点を作れないコードチェンジが極端に遅くなってしまう場合があります。

3.音を出さない練習① ストレッチ

それではいよいよギター無し・音を出さない練習方法を見ていきましょう!

まずは準備運動的な指のストレッチから始めます。

柔軟体操の前屈の時に、誰かに背中をぐーっと押してもらうようなイメージでやってみて下さい。

3-1.指を開くストレッチ

これは左手の指と指の間に何か物を挟んで指の間を広げ、柔らかくしていくストレッチ。

挟むのはスマホでもペットボトルでも、何でもいいんですが、今回は右手の手首を挟む例をあげてみます。

1.右手の手首を、左手の人差し指と中指の間に挟んで10秒〜20秒くらい放置。
2.同じように左手の中指と薬指、薬指と小指の間でも10〜20秒挟む。

以上、たったこれだけです。

このストレッチは太すぎて入らないのに無理すると指に良くないので、少し痛いかな?くらいの幅にしておき、いっぺんに長時間やるのも控えましょう。

また、寒い日や手が冷え切った状態でする場合は指への負担が大きいため、普段より優しめにして下さい。

2分程度で出来て簡単ですし、湯船の中や、お風呂上がりのタイミングですると、手先も暖まっていて効果が高いのでオススメです。

3-2.指を動かすストレッチ

これは左手の中でも主に薬指を対象にした運指と分離のストレッチです。

やり方は簡単で、まずは机(本、スマホなど平面なら何でもOK)の上に左手を置きます。

この時、指は伸ばした状態がおすすめですが、やってみて難しければ指を軽く曲げて机に立てた状態でも構いません。

これで準備はOK、この状態から

1.人差し指だけを机から離す。
2.中指だけを机から離す。
3.薬指だけを机から離す。
4.小指だけを机から離す。

これだけです。

簡単に出来たでしょうか?
でも、試しに次のルールを守ってやって見てください。

・机から離していない3本の指はそのままの位置であること
・動かしたい指以外には上にも下にも「一切」力を入れないこと

つまり、ストレッチの際に必要な指以外には全く力を入れず、ピクリとも動かしてはいけません。

と言うのも、これは実は指を動かすこと自体が大切なのではなくて、意識的に一本の指を動かせるようになるためのトレーニングです。

一見しょうもない練習ですが、先ほど「左手の脱力」で説明した運指の「支点癖」は、この練習でかなり改善できます。

このルールを最優先しつつ、少しずつ机から大きく指を離せるように練習しましょう。

3-3.薬指が動かない場合

※薬指が上手く上がらない方へ。

先ほどの練習は、薬指のみ難易度が非常に高くなってしまうので、最初は薬指が全く動かない人も多いかと思います。

そんな時は、一度左手の指の力は全て抜いて、右手で薬指を摘んで持ち上げてやってください。

そしてそのまま左手の薬指を持ち上げてはおろしを繰り返します。

これは一種のリハビリや柔軟に近い考え方ですが、「体にその動きを覚えさせて」動くようにするとおうもの。

また薬指と机の間に消しゴムやタオルなどを挟んで、薬指だけが上がった状態のストレッチをするのもおすすめです。

4.音を出さない練習② 運指

さて、お待たせしました、こちらがメインの音を出さない練習方法です。

たとえ1時間以上の長時間の電車移動でも十分に暇を潰せる難易度ですが、動き自体は先ほどの運指ストレッチとほぼ同じなのでご安心を。

ここで皆さんに質問です。
ギターを使ってクロマチック練習をする時、

人→中→薬→小
小→薬→中→人

のどちらの順番で押さえるのが得意ですか?

また、

人→薬→中→小

だとどうでしょう。
少しさっきより難しそうですよね。

つまり、指一本一本の動きは同じはずなのに、動かす順番によってその難易度は大きく変わってきます。

これは、脳が複雑な指の動きのパターンに慣れていないため。

何が言いたいかというと、「どうせ暇なら全てのパターンを練習してしまえ!」というのが、田村がおすすめの音を出さない運指練習です。

簡単に説明しますね。

・右手、もしくは右手首をギターネックに見たてて左手で持つ。
・その上で擬似クロマチック練習をする。
・指は一本ずつ動かして、他の指は下につけたまま力を入れない。
・全ての運指パターンでやる。
・慣れてきたら一定のリズムを意識する。

これだけです!
動作自体はとてもシンプルで簡単ですが、非常に良い左手の分離・脱力練習になります。

また、丁寧に出来るスピードからで良いのでメトロノームを使うとさらに良い練習になります。

4-1.運指パターンの一覧

見辛いですが、運指パターンの一覧です。

※田村が普段するときの規則性ごとに並べました。
規則がわかれば覚えやすいですし、どこまでやったかすぐ分かるので覚えてみてくださいね。
(人差し指から小指の方向を順方向として、指2本ずつの動きに着目すると分かりやすいです)

【順方向セット】

01. 人、中、薬、小
02. 人、薬、中、小
03. 人、小、中、薬

04. 中、薬、人、小
05. 中、小、人、薬

06. 薬、小、人、中

【逆方向セット】

07. 小、薬、中、人
08. 小、中、薬、人
09. 小、人、薬、中

10. 薬、中、小、人
11. 薬、人、小、中

12. 中、人、小、薬

ここまでが基本です!ここからは少し難易度上がりますよ!

【順逆セット】

13. 人、中、小、薬
14. 人、薬、小、中
15. 人、小、薬、中

16. 中、薬、小、人
17. 中、小、薬、人

18. 薬、小、中、人

【逆順セット】

19. 小、薬、人、中
20. 小、中、人、薬
21. 小、人、中、薬

22. 薬、中、人、小
23. 薬、人、中、小

24.中、人、薬、小

以上全24種でした、お疲れ様です。

この順番に動かすだけでもかなり練習になりますが、大切なのはこれを「脱力」して行うことです。

後は、4回スムーズに動かせたら次の組み合わせに行く、全パターンクリアしたらメトロノームのテンポを少し早める、など自分なりのルールを作ってみてくださいね。

まとめ

いかがでしょう、指の手遊び、どれも滑らかにこなせそうですか?

ギターの運指で薬指の分離、小指のコントロールというのは、中々一朝一夕ではうまくいきませんよね。

田村自身、未だに「この薬指さえ動けば!」ともどかしい気持ちになることもあります。

でも、本当にゆっくり、できる速さからでいいので、丁寧に脱力して練習するようにしてみてください。

一見できているように見える力みだらけの運指というのは、いつかどこかにガタがくるものです。
落ち着いて一歩ずつ進みましょう。

さて、今回は深夜、移動中など時間と場所にとらわれず、音を出さない・ギターが無くても出来る練習をご紹介しました。

またふと電車の中などで思い出したら試してみて下さいね。

そして、もしもギターの練習時間に制約がないという方も、良ければ一度ギターを置いてトライしてみて下さい。

きっと何か得られるものがあるかと思います。

果たして皆さんは1時間以内に24種、全てクリアすることが出来るでしょうか?


スポンサーリンク
広告と関連記事(by google)